契約社員の鉄道会社求人

鉄道会社求人TOP >> 条件別の鉄道会社求人 >> 契約社員の鉄道会社求人

契約社員の鉄道会社求人

鉄道会社の求人には、契約社員もあります。契約社員なので正社員より働きやすいのが特徴です。鉄道会社の求人もさまざまですが、契約社員なら事務職や現業職が多いでしょう。事務職は経理業務がほとんどで、現業職では駅係員の募集が一般的です。乗務員は経験や勤続年数などが関係してくるため、駅係員である程度働かなければ勤めることができません。ですから、契約社員で乗務員の募集はまずないと考えて良いでしょう。

駅係員の仕事内容は、改札でのお客さんへの対応や切符の販売などが主になります。これらは資格が不要なので、契約社員でも働くことができます。鉄道会社によっては契約社員から正社員へ登用があるところもありますから、契約社員として働き、この先も鉄道会社の社員として働きたい方は登用制度のある求人を選ぶと良いでしょう。

そもそも鉄道会社の契約社員は、乗務員登用で欠けた人数を補うためと言われています。先にも述べたように、現業職は駅係員を経験して乗務員になります。ですから、駅係員から乗務員に昇格すると、その会社は駅係員が減るため募集することになります。契約社員はそれを担うためという位置づけが正しいでしょう。ちなみに、契約社員以外にパートやアルバイトの求人も存在します。ほとんどの鉄道会社は大手ですが、パートやアルバイトの場合は駅係員としては働けず、ホーム整理員や朝・夕の通勤通学時間のホームの警戒などがメインになります。

気になる給料ですが、やはり正社員より低く設定されています。正社員の平均年収は全体で680万円程度、公営鉄道事業者になると720万円程度と高額です。契約社員はあくまで雇用期間が決まっているため、その期間を過ぎると働けなくなります。更新をして再び働くことはできますが、正社員のように定年まで契約されているわけではないため、どうしても給料は正社員よりマイナスになってしまうのです。それでも、年収300万円を切るようなことはなく、少なくても400万円以上です。正社員の場合、部署が複数に分けられています。やはり乗務員になると給料は良いですし、技術職も資格が必要になるため高くなるでしょう。契約社員は基本的に駅係員ですから、300〜400万円程度を設定しているところが多くなります。

鉄道会社で契約社員として働くメリットは、福利厚生が充実していることです。ボーナスや待遇などはどうしても劣ってしまいますが、福利厚生は正社員に準ずると言われています。

鉄道会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクナビNEXT 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 鉄道会社求人ランキング【※鉄道会社に強い転職サイト比較】 All Rights Reserved.