鉄道会社の募集時期

クレジットカード会社求人TOP >> 鉄道会社転職の基礎 >> 鉄道会社の募集時期

鉄道会社の募集時期

鉄道会社の中途採用を見てみると、活発になる時期は3月と9月になるようです。月は4月の年度初めの前ということもあって、その前に人材を確保したいという思惑があるようです。9月に関しても、10月になると会社の中で人事異動が活発になります。そこで中途社員を確保するために、中途採用の求人が多くでます。次いで多いのが、6月です。いささか中途半端なタイミングと思う人もいるかもしれませんが、四半期でみると7月は第二期のスタートになります。第二期から仕事してもらう人材を確保するために、6月に中途採用の数が増えるわけです。また6月というと4月の新卒採用が落ち着きを見せる時期でもあります。そこで、経験のある即戦力になりそうな人材を確保するという意味合いもあるようです。

鉄道会社は別の意味でも、中途採用が今後増えるのではないかと注目されています。日本には国有の鉄道があったことを知っている人も多いでしょう。しかし1987年にその国有の鉄道が民営化されました。この民営化された前後に入社した人たちは現在、50代後半から60代に差し掛かっています。そろそろ定年退職を迎える時期です。このため鉄道会社の中には、これから多くの人材が定年で抜ける所も出ているわけです。そこで抜けた人材を補うために、今後積極的に中途採用を募集するのではないかといわれています。民営化されたときには、数百人単位の大量採用を行ってきました。この時に採用を行った人材が大量にいなくなるので、大量採用せざるを得ません。

大量採用といっても、決して油断しないでください。採用枠は多くても、応募者数もさらに多いからです。鉄道は毎日通勤・通学をする人は多く利用しています。このため、景気の良し悪しに関係なく安定した売り上げが出やすい業界でもあります。不況になればレジャーに行くことを抑えるので多少の影響は出ますが、製造業のように大幅な業務縮小をすることもありません。経済的に安定していることが魅力で、場合によっては8000〜9000人の応募者が殺到することもあるそうです。

このような激戦の中を勝ち残って鉄道会社に転職するためには、ほかの人にはない鉄道会社が必要だと思える何かを持っていることが大事です。それを面接などの時にアピールしていきましょう。他にはない何かがわからないという人もいるでしょう。その場合には、転職エージェントの力を借りることです。キャリアコンサルタントが、皆さんの特性を見て面接でどのように自己アピールをすべきかアドバイスしてくれます。

鉄道会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 鉄道会社求人ランキング【※鉄道会社に強い転職サイト比較】 All Rights Reserved.