鉄道会社の向き・不向き

鉄道会社求人TOP >> 鉄道会社転職の基礎 >> 鉄道会社の向き・不向き

鉄道会社の向き・不向き

鉄道会社に向いている人は、自己管理能力がしっかりとしている人でしょう。電車の運行は、とにかく時刻表通りに進めることが何よりも重要です。そこで時間管理がきちんとできる人が鉄道会社には向いているといえます。特に都心部の電車を見てみると、ラッシュアワー時には数分単位で電車を運行しているような所もあります。そのような中で、何か運行している電車の一台にトラブルが発生すれば、さながら自動車渋滞のようにほかの電車にもたちまち影響が出てしまいます。時間通りに運行することを常に心がけられるような人材を鉄道会社では求めています。

また体調管理ができる人も鉄道会社向きです。皆さんもご存知のように、朝早くから始発電車が動き、夜遅くまで終電が運行されています。都会の電車になると、12時をまたいでも電車が運航されていることもあります。つまり朝早くから夜遅くまで勤務を担当しないといけません。数日であれば何とかできるかもしれませんが、この勤務体制がずっと続くわけです。このような鉄道会社の管理下で長期間勤続するためには、体調管理ができないといけません。体調を崩しても多少のことでは休めませんし、イメージよりもハードな職場であると思ってください。

また鉄道会社には、たくさんの従業員がいます。仕事内容も細分化されていて、任される仕事の範囲も狭いかもしれません。ですから、長く続けていると単調な仕事と映ることもあります。注意力散漫な人だと、すぐに自分の仕事に興味がなくなって注意力が落ちてしまいます。しかし単調な仕事でも、多くのお客さんの運送に関わっている意識が持てないといけません。ひとつのことにコツコツと仕事のできない人は、鉄道会社向きとは言えません。

その他に鉄道会社の大前提として、乗客に鉄道運行のサービスを提供している接客業であることが挙げられます。そこでお客さんを大切に扱わない、横柄な態度で接するような人も鉄道会社への転職は考え直した方がいいでしょう。たとえば事故や何らかのトラブルで電車が遅延してしまったとします。時にはお客さんから「どうなっているのだ!?」と詰め寄られることもあります。このような時にも、腰を低くしてお客さんに対処できるような人でないと、なかなかこの商売は務まらないと思ってください。人身事故が起きた場合には、被害者対応をすることもあります。ですから鉄道会社で仕事するためには、精神力の強さも求められると思って、自分に適性があるかどうか自己分析しましょう。

鉄道会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 鉄道会社求人ランキング【※鉄道会社に強い転職サイト比較】 All Rights Reserved.