鉄道会社の中途採用

クレジットカード会社求人TOP >> 鉄道会社転職の基礎 >> 鉄道会社の中途採用

鉄道会社の中途採用

平成24〜25年の主要49社の売上高の合計をベースにした鉄道業界の業界規模を見てみると、13兆5595億円となります。近年の鉄道旅客輸送人員は落ち込み傾向にあるようです。その理由の中に平成20年ごろに発生した世界的な不況による日本国内の景気後退があります。このため、中長距離のビジネスやレジャーにおける鉄道への需要が落ち込みました。景気の悪化によって、各家庭の財布のひもが固くなったことで、なかなか鉄道業界にお金が落ちなくなりました。鉄道会社の中には、スーパーや百貨店を経営している所もあります。景気後退の影響は、このようなスーパーや百貨店の売り上げのダウンにもつながりました。余計なものは買わないという節約志向が強くなったためです。平成20年以降落ち込み、そのまま横ばいの状態で今まで来ています。

しかしこの傾向も平成24年には、徐々に変化が生じています。ここにきて金融の例外的な大幅緩和をしたことで、景気の回復傾向がみられるからです。大企業の中には、ベースアップに対応するような所も出てきています。このため、逃げてしまったお客さんが徐々に鉄道や関連するスーパーや百貨店の方に戻りつつあるといわれています。消費税が8%に上がり、さらに1年後には10%に上がるかもしれないというのが景気の腰折れになるかもしれません。しかしそれでも、若干市場の売り上げ規模は回復しつつあります。もしこのような状況が続けば、鉄道会社の中途採用も増えてくる可能性は十分期待できます。

鉄道会社の現状を探ると、周辺事業を強化している傾向がみられます。本業の落ち込みをカバーするための対策です。たとえば2001年に開始されたICカードや電子マネーのサービスの強化が進められています。鉄道会社やバス会社との相互利用が可能になったこともあって、ユーザーの数も増加しています。このような業界で仕事のできる人材を中途採用する傾向があります。IT関係のスキルを持っている人は、キャリアをアピールすることで採用される可能性も高まるでしょう。

また周辺事業の中でも、商業施設の運営を重視している鉄道会社が多いです。最近でも都市部に大型の商業施設をオープンさせている鉄道会社もあります。駅ナカという言葉が広く浸透したことからもわかるように、駅前の施設の充実も鉄道の売り上げの落ち込みをカバーしてくれる存在として期待されています。営業や接客関係の人材を募集する求人も、今後活発に出てくるのではないでしょうか。

鉄道会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 鉄道会社求人ランキング【※鉄道会社に強い転職サイト比較】 All Rights Reserved.