鉄道会社の面接対策

鉄道会社求人TOP >> 鉄道会社転職の基礎 >> 鉄道会社の面接対策

鉄道会社の面接対策

転職できるかどうか最終的に判断されるのは、面接です。面接を受けるときに、出たとこ勝負でと思っている人がいれば、即刻その考えは改めるべきです。面接ではある程度、聞かれる質問がどの鉄道会社でも決まっています。そこで定番の質問に対する答えは、あらかじめ準備しておきましょう。限られた時間の中で、面接官にいかに自分が優れた人材かをアピールするためには準備が必要であることを忘れないでください。

面接のときに聞かれることとして、3つの項目があります。少なくても以下の3つの項目に関しては、答えを準備しておくべきです。まずは会社の志望動機です。面接試験の時によくやってしまう失敗として、「会社への志望動機」ではなく「業界への志望動機」になってしまう点があります。鉄道会社の採用面接を受けるとき、志望動機として「なぜ自分は鉄道会社に就職したいのか」について懸命に話をしている人がいます。しかしこれでは不十分です。面接官としてみれば、「じゃあ、ほかの鉄道会社でもいいのでは?」と思ってしまうからです。なぜその会社に就職をしたいのかということを考えて、志望動機を考えていくことです。

次に定番の質問として、自己PRがあります。自己PRの部分で、できるだけ自分のことを知ってもらいたいのか、何個もPRしたいことを話す人がいます。気持ちはわかりますが、あれもこれもPRしてしまうと結局それぞれのインパクトが薄くなってしまいます。ですから、自分の持っているものの中で「これだけは絶対にPRしたい」というもの1つに絞ってアピールしてみることです。絞り切れなくても、せいぜいアピール材料は2つくらいまでにとどめておきましょう。そして自己PRに説得力を持たせるためには、具体的なエピソードが必要です。自己PRに肉付けできるようなエピソードはないか、考えてみましょう。

鉄道会社に転職するときの面接で、答えに困るのが「なぜ前職をやめたのか?」という質問です。離職理由はいろいろとあると思いますが、まずネガティブな理由は絶対に言わないことです。「給料が安かったから」とか「職場の人間関係に嫌気がさして」といった理由はネガティブです。実際にそうだったとしてもネガティブな理由ではなく、「自分の可能性を試してみたかったから」とか「違った職種にチャレンジしてみたかったから」などの前向きな理由を持ってくるようにしましょう。このように事前に面接対策を入念に行うことは非常に大事です。

鉄道会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 鉄道会社求人ランキング【※鉄道会社に強い転職サイト比較】 All Rights Reserved.