鉄道会社求人ランキング【※鉄道会社に強い転職サイト比較】

鉄道会社への転職事情

鉄道(電車)は通勤・通学などなくてはならない交通手段です。民間運営されてからは企業間競争もあり、より快適な乗り心地を提供するためサービスもめまぐるしく向上しています。

安定性も高いので就転職先としても鉄道会社はトップクラスの人気を誇ります。リクルートエージェントでは鉄道会社の非公開求人も多く保有していますので、転職の際はご登録をオススメします!

鉄道会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・転職・就職業界の最大手であるリクルートグループで運営している転職サイトです。
・業界でも屈指の求人数の多さで非公開求人は55000件を超え、鉄道会社の求人も多いです。
キャリアアドバイザーの質が高く、適切なアドバイスが受けられると高く評価されています。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
毎日コミュニケーショングループが運営する転職エージェントです。
キャリアコンサルタントのアドバイスが受けられるので、鉄道業界への転職も安心です。
8割が非公開求人で、ほかの転職エージェントでも取り扱っていない求人も多数あります。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
首都圏の求人情報に強みを発揮する転職エージェントです。
キャリアコンサルタントの交渉力が高く、転職後に年収アップしたケースも多数あります。
・女性の転職サポートを積極的に行っているので、女性で鉄道会社に勤務したい人におすすめです。




DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
北海道から福岡に全国8か所の拠点を持っているので、地方の転職希望者も活用できます。
・求人情報の多さが魅力で、4000社・2万件を超える求人情報を常時抱えています。
・キャリアコンサルタントは求人の紹介だけでなく、書類や面接対策まで万全に行ってくれます。



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・キャリコネは知名度は薄いですが最近のびてきた注目サイトとしてランクイン!
積極受け入れの企業情報が紹介。確実に選考通過できる案件をピックアップできます。
未経験者を中心にスキルアップのサポートをしてくれる求人を多数用意しています。



鉄道会社に転職するには?

鉄道会社に転職するためには、まず接客の仕事であることを意識することが大事です。鉄道業界は一昔前までは、「乗せてやっている」とか「文句があるなら乗らなければいい」といった職人さんのような風潮があったといわれています。しかしJR/民間鉄道会社の路線も都心部を中心に増えてきたこともあって、ライバル企業との競争も激しいです。安全や安心、信頼、誠実といったことが何よりも求められます。「お客さんあっての自分たち」であることをしっかりと意識できない人はなかなか採用されないでしょう。

また鉄道会社の求人情報を見てみると、しばしば「技術の継承のため、○○歳までを希望」と年齢条件に上限を設けているものも見かけます。この年齢条件ですが、厳格に基準としている所もあれば、多少オーバーしていても熱意があれば対応してくれる所もあります。もし興味のある求人で、年齢条件に多少引っ掛かっているのであれば、電話などで相談をするだけしてみましょう。もしかすると応募が可能になるかもしれません。このような年齢の上限を設けている求人は、企業の持っているノウハウや風土をしっかりと継承できるくらい、長く継続して働いてもらえるような人材を求めているといえます。

鉄道会社に転職しようと思っている人の中には、いわゆる鉄道マニアとか鉄道オタクといわれる人もいるかもしれません。確かに自分の趣味を実益に生かせる仕事なので、魅力的に感じるでしょう。しかし鉄道オタクや鉄道マニアが鉄道会社に就職するのは、意外と難しいかもしれません。鉄道マニアというと、「好きなことしかやらないのではないか」「自分の知りえた情報をうっかりどこかに漏らすのではないか」などと鉄道会社では思われる傾向があるようです。このため、逆に鉄道愛などを執拗にアピールしてしまうとマイナスになってしまうこともあるようです。鉄道好きで鉄道会社への転職をする時には、くれぐれも注意してください。

鉄道会社に転職するときに、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントが相談に乗ってくれます。皆さんがどのような会社への転職を希望しているかをヒアリングし、適していると思われる求人情報を紹介してくれます。特に現在仕事をしながら並行して鉄道会社への転職活動をするとなると、時間に限りがあります。キャリアコンサルタントがサポートしてくれることで仕事をしながらの転職もやりやすくなるはずです。

鉄道会社の中途採用は多い?

平成24〜25年の主要49社の売上高の合計をベースにした鉄道業界の業界規模を見てみると、13兆5595億円となります。近年の鉄道旅客輸送人員は落ち込み傾向にあるようです。その理由の中に平成20年ごろに発生した世界的な不況による日本国内の景気後退があります。このため、中長距離のビジネスやレジャーにおける鉄道への需要が落ち込みました。景気の悪化によって、各家庭の財布のひもが固くなったことで、なかなか鉄道業界にお金が落ちなくなりました。鉄道会社の中には、スーパーや百貨店を経営している所もあります。景気後退の影響は、このようなスーパーや百貨店の売り上げのダウンにもつながりました。余計なものは買わないという節約志向が強くなったためです。平成20年以降落ち込み、そのまま横ばいの状態で今まで来ています。

しかしこの傾向も平成24年には、徐々に変化が生じています。ここにきて金融の例外的な大幅緩和をしたことで、景気の回復傾向がみられるからです。大企業の中には、ベースアップに対応するような所も出てきています。このため、逃げてしまったお客さんが徐々に鉄道や関連するスーパーや百貨店の方に戻りつつあるといわれています。消費税が8%に上がり、さらに1年後には10%に上がるかもしれないというのが景気の腰折れになるかもしれません。しかしそれでも、若干市場の売り上げ規模は回復しつつあります。もしこのような状況が続けば、鉄道会社の中途採用も増えてくる可能性は十分期待できます。

鉄道会社の現状を探ると、周辺事業を強化している傾向がみられます。本業の落ち込みをカバーするための対策です。たとえば2001年に開始されたICカードや電子マネーのサービスの強化が進められています。鉄道会社やバス会社との相互利用が可能になったこともあって、ユーザーの数も増加しています。このような業界で仕事のできる人材を中途採用する傾向があります。IT関係のスキルを持っている人は、キャリアをアピールすることで採用される可能性も高まるでしょう。

また周辺事業の中でも、商業施設の運営を重視している鉄道会社が多いです。最近でも都市部に大型の商業施設をオープンさせている鉄道会社もあります。駅ナカという言葉が広く浸透したことからもわかるように、駅前の施設の充実も鉄道の売り上げの落ち込みをカバーしてくれる存在として期待されています。営業や接客関係の人材を募集する求人も、今後活発に出てくるのではないでしょうか。


Copyright (C) 2014-2018 鉄道会社求人ランキング【※鉄道会社に強い転職サイト比較】 All Rights Reserved.